ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

残念

残念ながら、我らが「北海道日本ハムファイターズ」は、

CSファーストステージを勝ち抜くことが出来ず、

ロッテさんに2敗を期し、今シーズンが終わってしまいました・・・・(ーー;)

 めっちゃくやしい!

リーグ後半に抱いた不安は的中してしまいました。

3戦目の今日はタイムリーが全く出ない!!!!!!!

残塁の山・・・・( ̄^ ̄)

このひとことに尽きます。

 

ま、選手の起用や、采配なども、

野球に詳しい方が分析すれば、

監督さんとは違った意見もあるでしょう。


おばちゃんファンだって、

「あの選手が打ってれば・・・」とか

「あの選手が、ちゃんと制球出来てれば・・・」とか

「なぜ、この選手が代打なの?」とか、

「エラーばかりのこの選手にこの背番号は早かったんじゃないの?」とか

「なんでこんな場面で三振するんだ、バカヤロー!」とか、(笑)

「ヤル気あるのか?」とか、(>_<)

(段々、夫君に感化されてきたかも・・・?(苦笑))

にわか評論家になってしまい、

あれこれ勝手に思ってしまうわけです。


 でもね、わかっているの。

ファンも口惜しいけれど、

もっとも口惜しくて、涙してるのは 誰でもない

結果を出せなかった選手達。

そして、色々な条件の下、勝利に導けなかった監督さん。

さぞかし、くやしい事でしょう。

個人個人、反省点は山積みでしょうから。

その口惜しさを、来年に向けて力にしてもらいたい!

息切れせず、しっかり最後まで戦い抜ける身体と強い心を作って下さいね。お願いしますね。


選手さん、監督さん、コーチさん、そして、スタッフの皆さん、1年間お疲れさまでした。

また、来季も応援します!

ファイターズ、最高!!!