ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

先日、夫君の叔母様がお亡くなりになりました。

で、お通夜に参列するために、身支度をして出かけた時の事。

斎場に着いて、ご焼香させていただいたとき、

夫君の履いていた靴の底が、ぼろぼろと崩れてしまい、唖然。

 

下駄箱に保管してあった黒い革靴。

確かに、何年か前のものだけど、「えっ??????」と驚いたのなんのって。

固めた砂の彫刻が崩れるような感じですもん。

しかし、斎場の方は

「よくあるんですよ。しまってあった靴ですね?」と、慣れたご様子。

 

今時の靴底って、こんな風に劣化するのね?!(+_+)

 

斎場の近くに「ドンキホーテ」があったので、

急遽、黒い靴を買いに走りました。

それなのに、「これはいやだ」とか、「こういう感じのしかないのかな・・・」

だの、あれこれ言う夫君に対し、

「時間が無いんだから、この際 何でもいいでしょうが!」と、

とりあえず購入した、黒い靴。(笑)

 

 

f:id:takenohanashi:20150321081853j:plain

 

 

聞けば、夫君の弟も、以前同じ経験をしていると聞き、再度、びっくり。

ほんとに、よくある事なんですね。。。

だから、保管してある「靴」を履く場合、注意しましょうね!

・・・って、どうやって注意すればいいのかな??

履く前に、叩き付けてみる・・・とか??(@_@;)

 

あ・・・・(゜゜)

高級品のお靴しか履かない方にとっては、

無用な心配かもしれないです!(ーー;)