ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

見直し Part2

昨夜、「フレッツ光プロバイダーアシスト」の
「なんチャラさん」から電話があった。

たたみかけるような話術は嫌な感じ。
フレッツ光を利用の方に月々の費用が安くなるご案内です。
ルータを確認してください」と。

「ちょっと待って、あなたはNTTの人なの?
それとも別の通信会社の人?」と私。

「はっ?フレッツ光プロバイダーアシストです」と、にべもない。
(こいつ、なに言ってんの???って感じ)

我が家はその「プロバイダーアシストさん」に、
見直しを頼んだ訳でもなく、
契約している訳ではないのに、いったいなに?
と思いなおし、そのまま、話を聞いてみた。

つまりは…
「このまま、NTTのフレッツ光を継続するという条件で
なんとかというプロバイダーさんに移行すれば
プロバイダーの料金が下がり月々の支払い料金が安くなるのだ」と。
で、「移行の手続きをしますがいいですね?」とおっしゃる。

「いいですね?」って何?
ちょっとムッとした私。

話のよくわからないおばさん相手に
口をはさめないような話し方をして、回線を縛り付け、
簡単に変えられない契約するのがNTTのやり方なの?

ちょうど見直しを考えていたばかりの我が家。
「今後の事は、まだ考え中なので…」とお断りしましたが、
ますます、NTTには不信感が増してしまいました。
こんな事したら、逆効果じゃないのかな~?

家族には「そんな電話に出なけりゃいいじゃん!」
と、言われましたが、その通り。
腹が立つだけなので、現代はよくわからない電話には
出ないようにしたほうが得策ですね。
オレオレ詐欺対策」にもなりますしね。

ふん!悲しいかな、どうせ、いろんな知識はありませんよ~!
たたみかけられたら、オタオタしてしまうのも情けない…(>_<)

タイミングを計り、
本格的に携帯会社への回線の変更を考えようっと~!