ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

オーシャン・ビュー?

山、坂の多い我が街。

 

昔々の高校時代、高台にあった学校に通った私。

その頃、学校周辺は野原が広がり、

冬はスリップして危険だからと、バスも途中までしか登らず、

風の強さに涙目になり、寒さ対策でマスクをして

「寒いっ!!」と文句を言いつつ 遠いバス停から、

歩いて学校まで通った事を覚えています。

 

しかし時はめぐり・・・・

その高台の地域は、道路も整備され、

宅地造成も進んで、たくさんの家が建ち並び、

今では、スーパーやコンビニ、病院などもある大きな住宅地域になりました。

価格の面と、市の中心部に近いという事が後押しになったようで、

どんどん便利になっていきました。

(実は、我が家もそこにあります・・・住めば都です(^^))

都会と違って、一人一台の自家用車の普及も大きいのでしょう。

 

でも、当たり前ですが高台であることには、変わりありません。

 

時代のせいで少子化も進み、その母校も統合され、閉校になってしまい、

昨年、校舎が取り壊され、新たな宅地として生まれ変わる事になりました。

高校の跡地ですから、広~~い敷地の大規模な造成工事が行われ、

もう、家も建ちはじめ、昔の面影はありません。

 

で、先日、新聞にその宅地の広告が入ってきました。

やはり、興味があって見ちゃいましたら、その宣伝文句が・・・・

「オーシャン・ビュー」  

あらまあ!! 確かに!(^^) 思わず爆笑!

 

f:id:takenohanashi:20150122203358j:plain

グラウンドがあった場所からは、港も見えて見晴らしは最高でしょうねぇ。

「なぜ、こんな辺ぴな山に学校があるんだ・・・(ーー;)」

と、ぶつぶつ言っていた時代は遠い遠い遠~~~い過去のお話。

今や、「オーシャン・ビュー・モデル」ですもん。

いやいや、なるほど、考えましたよねぇ。

今は家も、寒冷地仕様でなので、

断熱などの対策はメーカーさんごとに万全の工夫がなされている現在。

外の寒さとは逆で、頑丈な家の中は暖かい北海道の住宅です。

 

「モノは言いよう」って気もしますが、(ーー;)

見方を替えると、欠点が利点になるってこと。

人生にも通じますね!!

我が家からの景色もちょっとだけ、「オーシャン・ビュー」だな!

いいぞぉ!(^^)