ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

アルツとレビー

外国の「イケメンさん」の名前ではありません(*_*) わはははは。

 

高齢の父の症状のお話。

数年前に脳外科で「アルツハイマー」と診断され現在に至っておりますが、

先日、「下着に虫が入っている!」と言い出し、母と揉めたと聞きまして

ちょっと不安になったのです。

「混乱したのかな・・・(悲)」と思い心配になったので、

ちょっと調べてみようと思いたちました。

 

調べ始めて、すぐに「レビー小体型認知症」というものに いきあたりました。

いやいや、 目からウロコです!

症状はすべて父に当てはまるものばかりです!。

 

運動機能の衰え、手の震え、失神、幻視などなど。

「すべて、年齢のせいなのかなぁ・・」と思っていたあれこれが、

この病気だったのなら、たくさんの「なぜ」が全部納得できるのです。

認知症アルツハイマー」というのが一般的で、よく知られていますが

認知症にもいろいろ種類があるのだということですね。

きっと父は「アルツハイマー」に「レビー小体型」が加わったのでしょう。

 

しかし、かかってしまう大多数が高齢者ですよね。

ご本人や配偶者が自分で調べることなど、

なかなか出来ないのではないかしら・・・・。

知らないままで、周囲が不安を抱え込む高齢者もいるのではないかと思います。

ましてや「幻視」というのは、周りはちょっと驚きますからねぇ。(+_+)

周囲の方がなんとなく不安で、且つ 恥ずかしいと思ってしまい、

かかりつけの医師にも言わないというパターンも多いのでは・・・?

 

我が父も、病院で再検査をしようといっても、

決して「する」とは言わないでしょう。

(年齢が若ければ、無理にでも検査をしてもらうところですけど・・・)

なので、「たぶん レビー小体型が加わったのだろう」と思っても、

今すぐ、それでどうするという事は出来ないのが現状。

症状は病名が分かったところで変わらないのですし、

投薬で治るものではないようです。

 

ただ、受け止める側に知識が「有る」と「無い」とでは不安が全く違いますので、

もっともっと、普通の病気と同じように 一般的に広めてもらいたい!。

 

母とは「訪問診療をしてくれている医師に幻視の事を相談して、

 飲んでいる薬が大丈夫なのか調べてもらったほうがいいかもね」と話しています。

 

人間ですもの。長生きすると、いろいろな事がありますって。

みなさん、明日は我が身かもしれませんよ~。

頑張りましょうね!