ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

父の涙

高齢の父がまた自宅で意識を無くし、

救急車のお世話になってしまいました。

 

市内の病院に運ばれるのは3度目なので、

今回は入院して、様子を見るという医師の判断となりました。

 

意識が回復すると、

「家に帰る・帰りたい・・検査なんていらない」と言い出すわがままな父。

お医者さん、看護師さんを困らせている様子ですが、

テキパキと動けないうえ、認知症もあるので、

同じ病室の方々にもご迷惑をかけているみたいです。

すみません・・・・

 

今日はそんな父に「心臓の検査」を納得してもらうべく、

母と一緒に病院に行きました。

母の説得で、何とか検査を了承してもらい、

「我慢して検査して、それから家に帰ろうね!」と、私が言うと

「うん・・」と父から返事が返ってきました。

そして、「一気に弱ってしまったもんだな・・」と言った後 

父の目からポロリと涙がこぼれました。

 

「年なんだから仕方が無いんだって。お迎えが来たら向こうに行くんだから・・」

といつも言い放っている 困った頑固ジジイの父ですが、

さすがに涙を見た私は、切ない気持ちになりました。。。。

(若いころは大 喧嘩ばかりしていた父と娘でしたが、やっぱり親子なんですね・・)

 

また明日になると、今日の事は忘れて、

「検査なんてしないって。早く帰りたい!」

と、言い出しそうな父ですけど。ううっ・・(+_+)

 

何かあっても、女の方が強いです。

いろんな面で・・・・・母は強~い・・・・・・・・(゜゜)