ターさんのお話

ジャンルを問わず、思ったことを心のままに

忘れなくちゃ。

娘とのバトル後、
なんとなく元通りにはならず、
ギクシャクした感じが続いている。
親子だから、時間が経てば
自然に元通りになるのだろうけれど、
今回はちょっと長いなぁ。

かなり色々な屁理屈を言われたので、
その言葉の数々がショックで頭から離れない。
私の中に、
「どれだけ、親に心配をかけたと思っているのだろう」という思いもある。
そんな事はすっかり忘れて、
大人になっても、言いたい放題かよ。
「言っていい事と悪い事の区別もつかないとは情けない・・・」
そう思う私は心がせまいのだろうか。
今回は夫君にも聞いてもらったけれど、
だんなは自分が言われたわけではないからか、
それに対し無言を決め込んでいる。
・・・一緒に怒って欲しかった。
それも私の心から刺が抜けない一因なのだ。
私の悲しみを救い上げてくるような
気が収まる一言が欲しいのだ。
たとえ、どっちもどっちだと思ったとしても。
ま、それが出来る夫ではない事は
解っているのだけれど。
わかっちゃいるけど、なんだかなぁ。
なんだかもやもやした感情から抜けられずにいる私。
早く忘れなくちゃ・・・(..)




GRAYだ!

 

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

私、なんと10連休!。

メインのイベントは、札幌ドームでの野球観戦。

5日は北海道の星「GRAY」のパフォーマンスがあったのです。

f:id:takenohanashi:20160505125517j:plain

f:id:takenohanashi:20160505125852j:plain

f:id:takenohanashi:20160505125651j:plain

f:id:takenohanashi:20160505125538j:plain

北海道新幹線のテーマ曲の演奏。めっちゃ、かっこいいわぁ!

超大物になりましたね。

肝心の野球の試合内容????・・・・うーん、うーん。(ーー;)

ストレスがたまるような内容で・・・。

ま、GRAY見たから、我慢しますわ。

 

マリンパーク

温泉帰りに久しぶりに水族館に行きました。

前の道路は頻繁に通るものの、10年以上入る事は無かった場所です(+_+)


f:id:takenohanashi:20160403200900j:image
 
ペンギンパレードも見たよ!かわいいね!
f:id:takenohanashi:20160403201002j:image
 
クラゲは幻想的でキレイだね~。
f:id:takenohanashi:20160403201123j:image
 
イワシって綺麗。群れのうごきにびっくり!
f:id:takenohanashi:20160403201247j:image
 
あ~、思ったよりずっと楽しかった!(^^)
たまに水族館もいいものです~。
 

いいじゃない

かっこつけたっていいじゃない。

良い人に思われたくてもいいじゃない。
素の自分をさらけ出しても、
もちろんいいけどね。
嫌いだと言われてもかまわない人ばかりじゃない。
嫌われたくないと思うのは、当たり前の気持ちだと思う。
色々な人がいて、この世の中は成り立っている。
自分と考え方が違うからといって、その人がおかしい訳じゃないんだよ。
もしかして、変わっているのは自分のほうかもしれないでしょうが。
 
自分が、その人を嫌いになってしまうと、
相手が自分を思いやってくれるはずがない。
自分の事は棚に上げ、
他人には文句ばっかり言っても
伝わらないよ。
 
誰に何を思われてもわが道を行く人は
とてもカッコいいと思うわよ。
でもみんなが出来る訳じゃない。
出来る人はやればいいけど、無理する必要は無いよね。
 
「みんな違ってみんないい」by金子みすゞ
うん、これはいい言葉!
自分は自分なりに行きましょう。それでいいじゃない。
そんなの、当たり前なのに、
人間っていくつになっても悩みは尽きないのね。(>_<)
訳の分からない事をだらだらと、どーもすみません!
 
 
 

年末年始

年末年始のお休みは、合計で9連休。
それだけ聞けば、しっかり休んだはずなのに、
家庭のお母さんに休みは無い!
無い!全く無~い!
クリスマスから忙しい日々がずっと続きっぱなしで
気がつけば、もう、年明けの仕事初め。

同じだけの休みだった我が夫君は、
庶民の娯楽場通いと、
家てはゴロゴロとテレビ三昧。
それを横目でにらみつつ、(苦笑)
「台所で働くお母さんは、偉大だ!」と、
自画自賛した年末年始。

世のお母さんの皆様、
たとえ、家族が誰も感謝してくれなくても、
自分で自分を誉めてあげましょうよね。

「亭主元気で留守が良い!」
・・というCMが昔ありましたが、
この年になって、実感! 
わはははは!(^_^ゞ

ま、自分で選んだ伴侶。
今さらマメになれっていうのが無理な話。
ケンカをしたくなければ、
お互いに片方の目を瞑って
上手くのりきっていかなくちゃね。

せめて、自分に投資しようっと。
へっへっへ、何を買っちゃおうかなぁ。(^^)







ヒソヒソ、こそこそ

親会社の30男子が、

我が職場の同僚さんのところに来ては、
陰でこそこそ話をする。
 
作業をしていても、
その場所に追いかけていき、
なにやらヒソヒソお話をしている。
 
周囲に話を聞いてくれる友人がいないのかな。
お菓子やら色々持ってきて
彼女に進呈しながら、
話を聞いてもらうのだろう。
それをまんざらでもないと思っている様子の彼女も・・・・ねぇ。(--;)
 
先日も、給湯室からお戻りの彼女は、
ニヤニヤした30男子を引き連れて戻ってきて、
また隅っこで こそこそとお話が始まった。
 
うっ!寒気が!(-_-#)
 
「職場だよ。仕事に無関係なら連れて来るなよ。こそこそ話をしたいなら廊下でやっとくれ!」
と言いたい気持ちをぐっとこらえる。
しかし、気持ちが顔に出たかも。(-_-;)
 
でも危ない関係ではない。
大人になりきれない
幼い甘ったれ男がママを慕い、
○○さん、○○さんと物を持ってきて、
自分を最大に慕ってくれる息子のような男子。
その子の話(他の人の噂話も含む)を聞いて、アドバイスをあげている
・・というだけなのだ。
ま、職場という概念が欠落しているのは、どっちもどっちだな。
 
私も時々おやつの御相伴に与るから、
文句を言えた義理じゃないのかもしれないが、
だけど、嫌だ。気持ちが悪い。おかしくないか?
最近は、へらへらした男の顔を見ると
イライラするようになってしまった。
 
どんなに親しくなっても、ケジメは必要だと思っている。
職場だし。(*_*)
仕事以外の個人的な話は外でよろしく!
 
 
 
 
 
 

忘れる事

人間って、忘れる事が出来るから
嫌な事があっても生きていける。
でも、やっぱり、時折思い出す。
腹がたって、心がざわつく。
そう簡単には忘れられない事もたくさんあるもの。
自分が思っている事や、感情を
思いきりぶつけたいけれど、
ぶつけた後の めんどくささを考えると
なりなか出来ない・・・・

それでは何もわかってもらえないし、
あいつが何も変わらないのは
わかっているのだけれど。
しかし、言ったら変わってくれるのか?
無理だろうな。
嫌な思いが残るだけ。

それにしても相変わらず、「へたれ」の私。
くやしいな。情けないな!
ばかやろーだな。(T_T)